製品案内

大型浄化槽ラインナップ

窒素(N)リン(P)BOD・COD除去タイプ KM-SG-NP型

  • 51~5,000人槽
  • 汚水量(m3/日) 5.1~470
  • N・P除去
  • 令35条 第一項認定

放流水質BOD5mg/L

 
  • 膜分離+循環式高濃度活性汚泥法+凝集脱リン法で窒素・リン除去が可能です。
  • 原水ポンプ槽内蔵型も設計対応。さらにコンパクト化が可能です。

 

BOD・COD除去タイプ KM-SG-B型

  • 51~1,840人槽
  • 汚水量(m3/日)2.55~92
  • ピークカット流量調整部
  • 令35条 第一項認定

放流水質BOD5mg/L

  • 流量調整槽内に脱窒部を確保。脱窒素槽を省略したため、さらにコンパクト・省スペース化を実現します。
  • COD規制10mg/L以下に加えて窒素除去能力20mg/L以下も可能です(一般評定)。
  • 原水ポンプ槽内蔵型も条件により可能です。

 

ピークカット流量調整型 KTZ型

  • 51~2,380人槽
  • 汚水量(m3/日) 2.55~119
  • ピークカット流量調整部
  • 令35条第一項認定

放流水質BOD20mg/L

  • 業界最小*コンパクトボディに従来型以上の性能を凝縮。
  • 業界初! 8時間排水試験も実施し、性能評価取得。
  • 施工性がアップ。200人槽まで1槽・ブロワ1台仕様が可。
  • メンテナンス頻度を節減/3ヶ月に1回以上で性能評価取得。

  • *自社調査・他社主要製品(流入時間8時間仕様)との比較(平成27年9月1日現在)。

 

流量調整タイプ K-HC-R型

  • 5・7・10人槽
  • 汚水量 (m3/日) 2.55~395
  • 流量調整槽
  • 令35条第一項認定

放流水質BOD20mg/L

  • 流量調整槽を備えつつ、250人槽まで1本槽で対応。
  • サイズは従来型の約半分(当社比200~450人槽の場合)。
  • 人槽250人(50m3/日)まで槽1本だけで対応できます。

 

K-SG-III-T型

沈殿分離タイプ K-SG-III-T型

  • 51~200 人槽
  • 汚水量 (m3/日) 5.1~39
  • 沈殿分離層
  • 告示第6第二号

放流水質BOD20mg/L

  • 51~200人までの小・中規模施設に適しています。
  • 定評ある沈殿分離+接触ばっ気方式を採用。安定した処理水質が期待できます。
  • メンテナンスも容易に行えます。

 

K-SG-III-R型

流量調整タイプ K-SG-III-R型

  • 101~500 人槽
  • 汚水量 (m3/日) 10.1~138
  • 流量調整槽
  • 告示第6第二号

放流水質BOD20mg/L

  • 101~500人までの中・大規模施設に適しています。
  • 定評ある流量調整+接触ばっ気方式を採用。安定した処理水質が期待できます。
  • メンテナンスも容易に行えます。

 

※後付三次処理槽によりBOD10mg/L以下対応も可能です。

流入管底と原水ポンプ槽の選定について

原水ポンプ槽
有無
(X) (Y) KTZ型
※1
K-HC-R型 K-SG-T型 K-SG-R型,
KM-SG-B型,
KM-SG-NP型
カサ上げ
(mm)
官邸下げ(mm)
(本体鏡部位置)
無し(不要) 0(無し) 0 650
50〜300 0 700〜950
300 50〜250 (A)1,000〜(B)1,200 - -
300 50〜750 - (A)1,000〜(B)1,700 - -
300 50〜450 - - - (A)1,000〜(B)1,400
一体型
原水ポンプ槽付 ※2
0(無し) - 1,000〜1,400
50〜300 - 1,450〜1,700
別置縦型
原水ポンプ槽
0(無し) - 1,750〜2,200
50〜300 - 1,800〜2,500
  • ※1:管底下げ、かさ上げは50mmピッチです。管底下げの計画では1次処理槽の有効断面積が減少する分だけ本体長さが長くなります。
    また、流調エアリフトブロワの風量も増大します。ピークの大きい(排水時間が8時間より短い)場合、また、流入管が水没し易い現場条件では、管底下げ設計は避けて下さい。
  • ※2:一体型原水ポンプ槽は本体長さが10.7mを越えると、輸送上の制限から、選定できません。その場合、別置型原水ポンプ槽を選定します。

 

Page Top